So-net無料ブログ作成
検索選択

吸血忌あるいは漫遊忌

今日は焼肉の日。そして種村季弘が亡くなった日。

よく並べられる(銀座旭屋書店の書架は今はどうなっているん
だろう)澁澤龍彦とか中井英夫に較べて、
生への執着、サヴァイバー力に長けてると思ってたのに。
あっという間に癌で死んじゃった。

戦後の池袋に始まる悪食、悪呑で悪性細胞を胃袋にこっそり寄生さ
せていたのか(さて、彼は泥鰌地獄を食べたんだっけ、
澁澤さん家の庭に顔を出したキノコはやはり中井のいうように
有毒だったのか)、
それとも、温泉好きが高じて、ラドンだのポロニウムだのを
飲泉し過ぎたあげくの体内被曝?

数日前、TVでクエンティン・タランティーノがインタビューに
答えて
「昔はオペラハウスみたいな場所が朽ち果てた映画館で見るような
映画、そう日活ロマンポルノみたいな・・・」って喋っていた。

そして、その観客は、スプリングがはみ出した椅子に座って
イヒヒと笑ってる、呆けているのか呆けたふりをしているのか、
近在じゃ誰もが知ってる禿頭のスケベジジイ=晩年の種村季弘
であるはずだったのに。

奇しくも、8月29日は大学の同級で漢字時代の日活を支えた
藤田敏八の忌日でもあるらしい。

スタイリストなんだから、もう。
落魄した身を世に晒し、徘徊するんじゃなかったんですかい、
タネムラさん。
いまじゃ、あなたの薫陶を受けて、錬金術はハガレン、
マニエリズムは奈良美智、虚像の創造はセカンド・ライフ、
ヴァンパイアは掃いて捨てるほど溢れかえってますぜ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。